RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

景図工房BLOG

野鳥の楽園 ティリティリマタンギ島
0
    takahe.jpg 詳細ページ>>
    | 野鳥 | 21:20 | comments(0) | - | - |
    カルガモ親子
    0
      IMG_8971.jpg 足柄平野の水田地帯には梅雨の頃になるとカルガモの親子が見られます。外敵から隠れるため、稲の成長に合わせるように、この時期にヒナがかえります。水田という人の営みをうまく利用した光景といえます。それにしてもヒナのかわいいこと。 そのうち写真をまとめてUPします。
      | 野鳥 | 07:44 | comments(0) | - | - |
      コレクション
      0
        IMG_0004.jpg IMG_0005.jpg 数日間は誰も歩いていないであろう山道や川辺で、鳥の羽を拾うことがあります。 最初はあまり気に留めてなかったのですが、よく見ると信じられないほど繊細な模様が存在したり、見る角度を変えるとメタリックな光沢が現れたりと、この小さな羽に宇宙を見る思いがしました。 拾った羽の数も増えてきて、何ていう鳥の羽なのか判るはずもないと諦めていたところ、「野鳥の羽 ハンドブック」高田 勝・叶内拓哉 著 / 文一総合出版 というのを入手。 上の写真で青と黒のシマシマはカケスの大雨覆と判明。カケス自体も見かけることが稀なので、落ちてる羽を見付けられたのは、非常に運がよかったといえます。 上写真 キジバトの羽 羽がまとまって落ちていたので、おそらく動物か猛禽類にでも襲われたあとだったのでしょう。 下写真 マガモ カルガモ コガモ 私にはこれより詳細に判別できません。
        | 野鳥 | 19:16 | comments(3) | - | - |
        ホオジロガモ?
        0
          hoojirogamo3.jpg 酒匂川中流にて撮影 見慣れない鳥が飛来してます。迷い鳥なのでしょうか、1羽だけです。ほかの種類のカモにまぎれています。 詳細>>
          | 野鳥 | 18:45 | comments(0) | - | - |
          翌週
          0
            _MG_0609.jpg ほぼ同じ場所にいました。多分同じヒナたちです。 アルバムのページへ>> 注意深く望遠で撮影しているのですが、最後はウォーキングしている人が近づいてきて、逃げてしまいました。 枝道はいくつもあるので、撮影している人を見たら、なるべく近づかないで欲しいものです。と勝手な希望ですが。
            | 野鳥 | 11:21 | comments(0) | - | - |